穴吹コミュニティTOP > 快適管理 > 住まいのお悩み Q&A > 結露対策

快適管理 結露対策

聞いて納得、暮らしに役立つ多彩なヒント 住まいのお悩みQ&A

結露が気になる季節になりましたが、有効な対策は?

 

窓ガラスや壁面などによく見られる結露は、カビなどの発生の原因となりがちです。基本的な結露の知識と防止手段をご紹介します。

 

結露の対策と発生後のケア
  1. 結露の種類
    <発生箇所によるもの>

    【表面結露】

    窓ガラスや壁面などの表面に水滴が生じる"見える結露"で、そのままにしておくとシミやダニ、カビなどの発生の原因になり、美観を損ねるだけでなく、人の健康に悪い影響を及ぼすことがあります。
    【内部結露】

    これは壁の中で発生するいわば"見えない結露"です。気づかないうちに建物の構造材を腐らせることもあり、住まいの寿命を縮める原因にもなります。
    <発生原因によるもの>

    【冬型結露】

    外気温が低く、建物の温度が低くなることで発生します。
    【夏型結露】

    夏季の地下室やエアコンがよく効いた部屋に、高温多湿な外の空気が流れ込むことで発生します。
  2. 室内の換気をよくする

    結露の発生を抑えるには、適切な換気をするのが一番です。
    窓を開けて空気の入れ換えをこまめに行い、とくに浴室やキッチンなど水まわりは局所換気をして、室内の水蒸気を効率よく排出しましょう。また、以下の手段も効果的です。
    ◆壁や床にぴったり接して家具を置かない。
    ◆押入れのなかでも壁・床に接して物を置かない、詰め込みすぎない。
    ◆吸・排気口、床下換気口を物でふさがない。
    ◆窓際のカーテン、ブラインド、障子などを閉め切ったままにしない。
    ◆室内ドアにガラリやアンダーカットを施して室内に空気の流れをつくる。
  3. 水蒸気の発生をおさえる

    室内にある水蒸気発生の原因となるものを理解したうえで、燃焼ガスや水蒸気を室内に放出する石油ストーブなどの開放型暖房機の使用は控えることが大切です。
  4. 住戸内の温度差を少なくする

    室温が高すぎると、室内の空気は水蒸気をたくさん含むことになります。住まい全体を暖め、極端に寒いところをなくすようにしましょう。

結露が発生したら? 結露が発生した場合、床や壁の汚損防止、木部の腐食防止のために、充分に拭き取ってください。

住まいのお悩みQ&Aトップに戻る
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ページトップへ
安心管理 »
>穴吹コミュニティが選ばれる理由
>安心管理サービス
>大規模修繕工事のご案内
>管理まるわかり読本
>管理会社の変更をご検討している管理組合様
快適管理 »
>暮らしを便利にするサービス
>暮らしを上質にするサービス
>暮らしの安心・安全を守るサービス
>暮らしの未来に役立つサービス
>住まいのお悩みQ&A
リフォームサービス »
>穴吹コミュニティのリフォームとは
>リフォームサービスメニュー
>メンテナンス&交換サービス
>リフォーム事例をみる
>リフォーム相談会
>ショールームご案内
>コーディネートご紹介
事業主の方々へ »
会社案内 »
お問い合わせ »