あなたの暮らしを、ひとつ先ゆくサービスで輝かせる。穴吹コミュニティの快適管理

聞いて納得、暮らしに役立つ多彩なヒント 住まいのお悩みQ&A

梅雨の季節になりましたが、有効な対策はありますか?

 

梅雨の時期は、長雨によるカビの発生など、住まいにさまざまなトラブルが生じがちです。梅雨に向けた日常生活での対策ポイントをご紹介します。

 

梅雨に向けての備え
  1. 雨の日の防犯

    雨といえば湿気対策ばかりではありません。空き巣を狙う侵入犯にとって、雨や風の強い日は音が響かないため、留守宅に侵入するには好都合。音が響かないということは、窓ガラスが割れる音も響かないということ。ガラスには早めに防犯フィルムを貼るなどしておきましょう。
  2. 湿気対策

    湿度70%以上、温度25度前後になる梅雨の気候は、カビや食中毒菌など雑菌が大好きな季節。梅雨じたくのポイントは、カビや菌の繁殖3条件である「水分」「温度」「栄養分」をできるだけ減らしておくことです。なかでも栄養分、つまり食べこぼし、天然繊維などの"汚れ"をためないことが重要です。

    蛇口付近や風呂の床などでよく見られるピンク色の汚れも、手などについている酵母菌で栄養分のひとつ。家では新築時に多く発生するそうで、放っておくとカビも発生します。

    増えてしまったカビや菌を塩素系などの洗剤で掃除するにしても、汚れ落としだけに洗浄力がつかわれてしまって、肝心のカビ退治の効力が落ちてしまうのです。汚れさえ落とせば、あとは、水滴のマメなふき取りで、カビを楽に防ぐことができます。その際、ついでにエタノールなどの消毒液で拭き掃除をするといっそう効果的です。
  3. 除湿法

    湿気対策として、よくエアコンや除湿機などが挙げられますが、手軽に扇風機を使用して、お部屋の空気を動かすように心がけるだけでも違います。 その際、扇風機は1時間以上動かすようにしましょう。
  4. ダニ対策

    アトピーの原因としても知られるダニ。ダニの好む環境はひとことでいうと「多温多湿」。現在の住宅は、気密性や保湿性が高いため、ダニの好む環境ができやすくなっています。そのため、とくに梅雨の時期のダニ対策は、どの家庭でも必要になるといってもいいでしょう。

    ダニ(とくにチリダニ)は50℃で、20分間加熱すると死滅します。湿度60%以下では繁殖できません。そこで、次のような対策が挙げられます。

    ■通気をよくして湿気をとる

    天日干しや布団乾燥機などで、畳・じゅうたん・寝具から湿気を追い出します。
    ■清潔に保つ

    ■殺ダニ剤を使用

    使いすぎに注意。殺ダニ剤の使いすぎはダニだけでなく、人体にも悪影響を及ぼします。使用上の注意をよく読んで使いましょう。
    ■もしペットがいれば、ペットに対するケア

    ダニはペットに寄生するので、室内で飼っている場合、ペットの毛の手入れをして清潔にしましょう。
住まいのお悩みQ&Aトップに戻る
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ページトップへ
安心管理 »
>穴吹コミュニティが選ばれる理由
>安心管理サービス
>大規模修繕工事のご案内
>管理まるわかり読本
>管理会社の変更をご検討している管理組合様
快適管理 »
>暮らしを便利にするサービス
>暮らしを上質にするサービス
>暮らしの安心・安全を守るサービス
>暮らしの未来に役立つサービス
>住まいのお悩みQ&A
リフォームサービス »
>穴吹コミュニティのリフォームとは
>リフォームサービスメニュー
>メンテナンス&交換サービス
>リフォーム事例をみる
>リフォーム相談会
>ショールームご案内
>コーディネートご紹介
事業主の方々へ »
会社案内 »
お問い合わせ »