穴吹コミュニティTOP > 快適管理 > 住まいのお悩み Q&A > 災害対策・台風

快適管理 災害対策・台風

聞いて納得、暮らしに役立つ多彩なヒント 住まいのお悩みQ&A

マンションでの有効な台風対策はありますか?

 

台風の直撃が多い地域では、日頃から台風による雨や風の被害に対して準備をしておくことが不可欠です。
台風対策のポイントをご紹介します。

 

台風災害対策のポイント
  1. 日頃からの準備 バルコニーの排水溝チェックを。

    バルコニーの排水溝にゴミや砂が詰まっていないかチェックしましょう。詰まっていると雨水が溜まり、最悪の場合には室内に流れ込んだり、階下に甚大な被害を与えることも有ります。
    事前にゴミなどを取り除いて流れをよくしておきましょう。
  2. 台風が近づいたら 水漏れ、飛来物対策を。

    マンションは強風に強く、戸建に比べ台風による被害を受けることが少ないといえます。それでも暴風雨時には、敷居部分や換気窓のわずかな隙間から水が浸入することがあります。窓や戸の水抜きをチェックし、「隙間にガムテープを貼る」「溝の内側に雑巾を詰める」「侵入してきた水はすぐに拭き取る」などの対策を講じましょう。また、バルコニーに植木鉢やチェアなどを置いている方は、風で飛ばされる恐れがあり危険です。室内に入れておきましょう。
  3. 台風による停電 懐中電灯、水の確保にも注意を。

    停電になると、エレベータは停まり、電灯も点きません。
    それどころかポンプが停止すると水道もストップしてしまいます。
    懐中電灯やラジオの準備はもちろんのこと、水の確保にも注意を払ってください。
  4. 駐車場について 水没に備えて。

    マンションの立地や台風の規模によっては、地下ピット型機械式駐車場や自走式地下駐車場のような場合は、水没する恐れもあります。テレビやラジオからのタイムリーな情報をもとに、状況に応じて車を地上に出しておくとよいでしょう。
  5. 台風通過後は 水漏れをチェック。

    部屋を乾燥させるため、窓を開放して風通しをよくし、浸水や水漏れがなかったかチェックしましょう。もし、浸水していてシミになったり汚れている場合は、丁寧に手入れをしましょう。サッシ部などは強い風雨に打たれ汚れていますので、傷をつけないように丁寧に掃除をしましょう。サッシの敷居部分は、ホコリや砂がたまりやすく掃除がしにくい場所ですが、ホウキでゴミを掃きだし、掃除機で吸い込むとよいでしょう。
住まいのお悩みQ&Aトップに戻る
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ページトップへ
安心管理 »
>穴吹コミュニティが選ばれる理由
>安心管理サービス
>大規模修繕工事のご案内
>管理まるわかり読本
>管理会社の変更をご検討している管理組合様
快適管理 »
>暮らしを便利にするサービス
>暮らしを上質にするサービス
>暮らしの安心・安全を守るサービス
>暮らしの未来に役立つサービス
>住まいのお悩みQ&A
リフォームサービス »
>穴吹コミュニティのリフォームとは
>リフォームサービスメニュー
>メンテナンス&交換サービス
>リフォーム事例をみる
>リフォーム相談会
>ショールームご案内
>コーディネートご紹介
事業主の方々へ »
会社案内 »
お問い合わせ »