あなたの暮らしを、ひとつ先ゆくサービスで輝かせる。穴吹コミュニティの快適管理

聞いて納得、暮らしに役立つ多彩なヒント 住まいのお悩みQ&A

住まいの色使いはどのようにすればいいですか?

 

人間の五感のなかで最も活動しているのは視覚で、その割合は全感覚の87%に該当するそうです。そんな人間にとって敏感な色が与える影響を、住まいのなかから見ていきましょう。

 

住まいにおける色使いのポイント
  1. 色が与える影響

    昔ながらの和風住宅では、木や土壁など部材そのものの色を生かしていたため、色彩について計画を立てる必要はありませんでした。このためか、日本人は色使いが下手といわれています。しかし実際、色には頭の働きを活性化させたり、心理的・生理的影響があることがわかっています。また、好き嫌いもあるので配色計画はなかなか難しいものです。
  2. 家のなかの色彩はストレスを感じにくいものを

    数ある色のなかでストレスを感じさせず、飽きのこない色はベージュです。
    つまり、木などの天然素材に近い色が家には最適といえます。天井にはクリーム系やピーチ系の色使いをすると、照明の効率が高まり明るくなります。また、食事をする部屋には暖色(オレンジ、ピーチ、茶系)を使うとより食欲を高め、血圧の高い高齢者の部屋には寒色(薄く柔らかい青、青緑)を使うと気分を落ち着かせることができます。
  3. 住まいのなかで色が与える影響

    ■食堂

    家族が集まり食事をする食卓の上は、暖色系の白熱電球を使うとよいでしょう。家族の会話が弾む、柔らかな雰囲気が演出できます。
    また明るい暖色系は食欲を増します。人間の自律神経系を刺激して消化作用を促進し、空腹感を喚起させるからです。
    ■居間<和室>
    畳や柱、壁や障子など自然素材(ナチュラルカラー)を用いた明るい色なら夏は涼しく、冬は暖かく感じるのですから不思議です。ベージュ系でまとめられている和室は筋肉を弛緩し、ストレスを解消してくれるので精神的にも理想的です。
    ■居間<洋室>

    ピンクのカーテンをブルーのカーテンに替えるだけでも部屋が涼しくなります。ある実験結果によると、その心理的温度差は3℃もひらきがあったそうです。この効果を利用しない手はありません。
    ■寝室

    深い眠りを誘う色は青色です。青は落ち着きを促し、心身の回復力を高めます。ただ、シーツのように広い面積で寒色系の青色を使うと、寒い夜には体がなかなか温まりません。枕カバーやスタンドシェードなど(頭寒足熱と言うように)ほんの少し視界に入るだけでも効果的です。
    また、照明には温かみのある白熱電球を使うとよいでしょう。
    ■子供部屋

    基本的には、子どもの好きな色をベースに考えるのがよいでしょう。強い色を好む場合はアクセントカラーなどに抑えるのがベストです。居心地のよい部屋にするための配色としては、暖かい感じの色を使用するのがよいでしょう。調和のとれた色彩でも、色数が多くなるとうるさくなってしまうため、2〜3色程度にまとめます。
    また、子どもは成長とともに寒色系を好む傾向にあると言われますので、カーテンや家具などの色も考慮して、その時々に応じた配色を心がけるとよいでしょう。
住まいのお悩みQ&Aトップに戻る
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ご入居者様のお問い合わせはこちら
ページトップへ
安心管理 »
>穴吹コミュニティが選ばれる理由
>安心管理サービス
>大規模修繕工事のご案内
>管理まるわかり読本
>管理会社の変更をご検討している管理組合様
快適管理 »
>暮らしを便利にするサービス
>暮らしを上質にするサービス
>暮らしの安心・安全を守るサービス
>暮らしの未来に役立つサービス
>住まいのお悩みQ&A
リフォームサービス »
>穴吹コミュニティのリフォームとは
>リフォームサービスメニュー
>メンテナンス&交換サービス
>リフォーム事例をみる
>リフォーム相談会
>ショールームご案内
>コーディネートご紹介
事業主の方々へ »
会社案内 »
お問い合わせ »