わたしたちの大規模修繕 なるほど大規模修繕

大規模修繕の流れを、私たちがやるべきことを交えて大公開。

検討することが多く、着工までに長い時間が必要な大規模修繕を、
ポイントとなる項目で区切ってわかりやすくチャートにしました。
代表的な工程を追いながら、全体の流れをちょうどよく把握できます。
実体験にもとづくエピソードやアドバイスも参考にしてください。

大規模修繕の実施方針の決定まで
大規模修繕の流れ 私たちがやるべきこと NAVI VOICE
マンションの現状把握

私たちのマンションも住み始めて、もう10年。
そろそろ大規模修繕を考えないと。

まずはマンションの状態を把握します。
一次調査 大規模修繕の実施検討

「修繕積立金」を確認。工事の資金は問題なさそう。工事範囲や仕様の検討建物診断の実施などやるべきことはたくさんある。そうそう、修繕委員会も設置しなくては。どこから手をつけよう…。

大規模修繕の実施方針の検討

管理会社に任せるというやり方、自分たちで決めるというやり方、コンサルタント会社を導入するというやり方、いろいろな方法があるんだって。理事会での話しあいの結果、プロの目でチェックしてもらうためにコンサルタント会社を導入することになりました。それと建物の状態をもっとよく調べるために、「建物診断」も行うことにしました。

大規模修繕を実施するための方針を検討します。
大規模修繕の実施方針の決定

大規模修繕を実施する方針を理事会で内定し、総会にはかりました。なぜこの大規模修繕が必要かを総会で説明するのは、けっこう大変でした…。

総会で大規模修繕を行う方針を決定します。

ページトップへ

大規模修繕の決議まで
大規模修繕の流れ 私たちがやるべきこと NAVI VOICE
コンサルタント会社契約

この先は、検討すべきことがだんだん専門化してくるので、コンサルタント会社に入ってもらうようにしました。これでちょっとひと安心。

必要があれば、工事範囲や修繕方法を提案してもらうために、コンサルタント会社を導入します。
建物診断

修繕が必要な箇所を詳しく調べるために「建物診断」を行いました。

建物診断で、修繕する箇所やその優先度を調べます。
工事範囲・仕様の検討

コンサルタント会社のアドバイスを元に、工事範囲や仕様を検討しました。ここで見積りをとる項目は、だいたい決まってきました。

診断結果を基に工事範囲・仕様を検討します。
工事施工会社選定

施工会社についてコンサルタント会社に相談をしたところ、複数の施工会社からの見積りを比較して決めるのが住民の納得を得やすいのでは、とアドバイスをもらい、3社に見積りの依頼をしました。

コンサルタント会社の工事仕様をもとにした見積りをとり、各社からのプレゼンテーションを検討して、工事施工会社を理事会で内定します。
大規模修繕の決議

何度も検討を重ねてきたせいか、総会ではすんなりと決まってホッとしました。さあ、これからが工事の本番です。

いよいよ総会です。理事会で検討した大規模修繕計画を議題にかけ、決議を行います。

ページトップへ

工事の着工から竣工まで
大規模修繕の流れ 私たちがやるべきこと NAVI VOICE
工事説明会

階ごとの工事の進み方や洗濯物の干し方、子供のいる家庭への注意など細かいことまで説明してくれました。エントランスに毎日掲示が出るそうです。それにしても今日の説明会は、参加者が総会より多かった気が…(笑)。

コンサルティング会社と施工会社から、工事内容や工事期間中の注意などの説明をうけます。
着工
中間検査

工事の進捗状況や施工状態を自分の目で確認できたのでちょっと安心しました。

工事の途中経過を確認するため、中間検査に立ち会います。

いろいろありましたが、やっと竣工までたどり着きました。終わってみれば、長いような短いような…。新しくなったマンションはやっぱり気持ちがいい!

ついに竣工。最後の確認を行います。
お引渡し
竣工アフター点検

工事は終わったけれど、また点検が。マンションの維持・管理には終わりはないんですね。

竣工後のアフター点検を実施。修繕工事後の不具合が出ていないか、細かくチェックします。

ページトップへ