わたしたちの大規模修繕 よくある質問とトラブル

大規模修繕をスムーズに進めるために、知っておきたいこと。

入居者の方々のいろんな意見をとりまとめて進めなければならない
大規模修繕には、課題やトラブルはつきものです。
大切なのは、それに対していかにきちんと向きあうかということ。
修繕工事にまつわる課題や疑問、その対処例などをご紹介します。

そもそも大規模修繕ってなあに?

経年にともない劣化していくマンション。耐久性を高め、安心・安全に暮らしていくためには、的確に劣化を発見し、修繕することが必要です。大規模修繕はマンションの経年劣化などに合わせて実施する計画的な修繕工事の中の一大イベントです。10年〜15年周期で実施する場合が多く、多額の費用がかかるため、長期的な修繕計画や資金計画を立てておく必要があります。

 

ページトップへ

管理会社にコンサルタント業務を依頼する時ってどんな時なんだろう?

大規模修繕工事にコンサルタントが必要か、お悩みの管理組合の方も多いと思います。修繕委員会や理事会と工事施工会社をつないだり、管理組合様の総会でのサポート、工事範囲・仕様の助言を受けれるなど、コンサルタントを依頼することでもたらされるメリットはかなりあると思われます。このコンサルタント業務をどんな会社に委託するかが悩みどころ。たとえば建築設計事務所などに依頼するのもひとつの手ですが、その際に考えたいのは、その建築設計事務所が大規模修繕に精通しているかということ。設計やデザインを重視するあまり、管理規約を無視した工事内容を提案してくる可能性もあります。マンションの管理運営を熟知し、さらにコンサルタント業務も実施できる管理会社を検討してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ