手作りお菓子でハッピータイム
他のお菓子レシピ一覧    印刷用PDFはこちらをクリック

マロンショコラのビュッシュ・ド・ノエル b?che de Noel

シンプルなロールケーキも切り株模様をつければ立派なビュッシュ・ド・ノエルに!今回はマロンを散らしていますが、他にバナナやイチゴなどフルーツとも相性が良いクリームです。
いろいろなバリエーションで楽しんでくださいね。


材料 

材料

[スポンジ]
  ●卵/3個 ●卵黄/1個 ●砂糖/70g ●薄力粉/60g
  ●ココアパウダー/10g ●牛乳/25g ●バター/20g
[シャンティ・マロン・ショコラ]
  ●生クリーム/90g ● チョコレート/100g
  ●ホイップした生クリーム/140g ●マロン渋皮煮/90g
[デコレーション]
  ●生クリーム/90g ●砂糖/6g
[シロップ]
  ●水/40g ● 砂糖/20g
  ●コアントローもしくはキルシュ/小さじ1


準備

作り方写真3
作り方写真3
作り方写真3

☆30×30の型を準備し、天板にクッキングシートを敷きこみます。(写真1)
☆オーブンは190度に余熱しておきます。
☆牛乳とバターはあわせて湯煎にかけ溶かします。(写真2)
☆チョコレートも湯煎にかけ溶かしておきます。
☆マロン渋皮煮は1センチ程度の粗めにカットします。(写真3)
☆水と砂糖を鍋に入れて沸騰させ、砂糖を完全に溶かします。
 冷めたらリキュールを加え、シロップをつくります。


作り方 ※各画像はクリックすると拡大表示されます。


作り方写真4
作り方写真5
作り方写真6

1.スポンジをつくります。

ボールの中に卵、卵黄、砂糖を入れ湯煎にかけます。(写真4)
ホイッパーでゆっくりかきまぜ40度くらいまで温めます。(写真5)
湯煎から外し、白くもったりするまでよく泡立てます。(写真6)



作り方写真7
作り方写真8
作り方写真9


薄力粉とココアパウダーは直前にふるいながらボールに加えます。(写真7)
粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜ合わせ、最後に牛乳とバターを加えます。(写真8)
天板に流しいれ、カードで表面を平らにします。(写真9)
190度のオーブンで12分焼きます。焼き上がったら、網の上で熱を取ります。



作り方写真10

2.シャンティ・マロン・ショコラをつくります。

生クリーム90gをお鍋で軽く沸騰させ、あらかじめ溶かしておいたチョコレートに加え(写真10)、
分離しないようにゆっくり混ぜ合わせ乳化させます。



作り方写真11
作り方写真12
作り方写真13


粗熱を取り、ゆるめに泡立てておいた生クリーム140gに加えます。(写真11)
ホイッパーでつのが立つまで撹拌し、(写真12)
しっかりとしたクリームを完成させます。(写真13)



作り方写真14
作り方写真15
作り方写真16
作り方写真17
作り方写真18
作り方写真19

3.ロールケーキをつくります。

焼き上がった生地は、焼き面を上にしてシロップをうちます。(写真14)
※焼き面が内側だと巻くときに生地が割れず綺麗です)巻き終わりの部分は斜めにナイフでカットします。(写真15)
シロップをうった生地の上にシャンティ・マロンをのせ、パレットで平らにのばします。(写真16)
カットしたマロンを全体に散らします。
巻き終わりのところにはクリームをのせません。(写真17)
手前からクルクルと巻いて形を整え、(写真18)
冷蔵庫に入れて30分以上冷やします。(写真19)



作り方写真20
作り方写真21

4.デコレーションして仕上げます。

デコレーション用の生クリームに砂糖を加えて7分立てにします。
ケーキの表面に生クリームをパレットで塗り、両側をナイフでカットします。(写真20)
最後にフォークなどを利用して模様をつけます。(写真21)

クリスマスデコレーションをして完成です。

デコレーション用の生クリームは、少し緩めに立てておくことがポイントです。
パレットで表面に塗っているとクリームがかたくなり、切り株模様が綺麗に出せなくなるので要注意です!


完成

完成


どうですか?上手にできたでしょうか?

黒田 麻紀さん

ケーキの先生 黒田 麻紀

コルドン・ブルー代官山校で菓子デュプロマを取得。二人の子供を育てながら世田谷の自宅でフランス菓子教室「サロン・シュクレー」を開催。 伝統的なフランス菓子をアレンジし、季節の食材を組み合わせた手作りケーキを毎月提案しています。 教室は2〜3名の少人数クラス。1人の方に1台のケーキを作っていただきます。
【フランス菓子教室「サロン・シュクレー」ホームページ】
http://www.salon-sucre.com/

ページのトップへ戻る